*

コトノハ

Pocket

コトノハライターの井上衣保子さんに、
インタビュー記事を書いて頂きました。

コトノハライターって?という方、
井上さんのブログはこちらです。

ことのはの色彩

 

柔らかな風がすぅっと吹くような言葉を綴る方です。

お願いした理由はいくつかありますが、
ずっとブログを書いて3年半くらい・・自分の言葉ってどうかな?
そんなふうに感じ始めたのです。

 

心の底から湧く想いを言葉にする、
それが誰かに伝わる言葉になっているのか、
ここは毎日私の中のせめぎ合いな訳です。

言葉の譲れない私の想いの部分と、
伝わるように変える言葉の部分・・

日頃はなかなか一旦立ち止まるタイミングがないから。
他の、特にプロの方に文字にして教えて頂こうと。

 

 

コトノハって、言の葉と記します。
言葉とか、言語、和歌という意味らしい。
(何故、❝葉❞なのかまでは調べきれず・・)

聖書でも「はじめに言葉ありき」という言葉もあり。

人って言葉で繋がっている面も多くあります。

 

言葉が葉のように繋がっていくとしたら、
ivyも葉っぱのモチーフだし・・ぴったり、と思いまして。

まぁ・・単なるピンと来た、
というだけだったりもします。

 

いつものグリーフのことを話す取材と違って、
私のことばかり話すのって照れくさい妙な気分でした。

それでも上手に聞いて頂き、
言葉がすらすらと出てきて驚きました。

 

やっぱり言葉にして気が付くことって、
たくさんあるし、言い改めた個所もたくさんありました。

このインタビューを経験したことで、
またいいものが提供できればいいなと感じています。

 

 

井上さんの言葉の風に乗って、
ここからまだお会いしていない方と御縁が繋がっていく気持ちなの。

頂いた記事について、
皆様のご感想も是非じっくりお聞かせください。
お待ちしております。

リンク先はこちら
インタビュー記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

記事を読む

言葉在りきのふたつの意味

私達は自分の認識でこの世界を創っています。 その要素で大きな位置...

記事を読む

「じぶん」と「じかん」の結び方

2018年11月18日 静岡わくわくハラハラ勉強会でお話する機会が巡...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

暗闇を抜けるという意識

暗闇を抜けると・・ と書くと移動しているような表現ですね。 &...

記事を読む

新着記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

→もっと見る

PAGE TOP ↑