*

ゼールゾルゲ(魂のケア)

Pocket

ケルスティン・ラマーさんにお会いすることができました。
ドイツのゼールゾルゲ(魂のケアと和訳されています)
牧師さんで、病院で患者様の心の苦しみをケアする方です。
そして、ケールゾルゲのスーパーバイザーをされています。

 

悲しみに寄り添う

先日、ご著書をブログでも紹介させて頂きましたね。

 

 

とても読みやすく、理解もしやすい本ですが

お話も日本人にも受け止めやすい内容でした。

 

ゼールゾルゲは牧師さんがなる職業のようですが、
スピリチュアルケアは他の人でも出来るということを
伝えて下さいました。

 

私が考えていることと同じエッセンスをいくつも確認できたこと。
私にとって、かなりの収穫だったと思います。

 

 

このあたりのことは、きっとこれからのブログに登場します。
もっとお話ししたかったなぁ。。

 

「応援してるね。一緒に撮った写真送ってね。」
と言って頂き、感激です。

 

 

仲間もまた、増えました。
日本でも、グリーフケア浸透するのではという気になってきました。

 

サインを頂いたが、ドイツ語だったので。。
T教授に訳を求めたところ
「愛のある繋がり」だそうです。

 

私のテーマでもありますね。
これからも、繋ぐ・繋がる、人も想いも。

TS3U0231

TS3U0496

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2mmのカーブ

正確には2mmずれた曲線のカーブのよう、 という話をしたのですが長い...

記事を読む

希望だけ押しのその先へ。

二元論のその先としようとして、 タイトルを変えてみました。 希...

記事を読む

対話の可能性に立つ。

会話、お喋り、対話、 討論、討議・・毎日どれかをしています。 ...

記事を読む

2017年度 静岡大学後期

タイトルを後期と書くか、 静岡大学講義と書くか悩みつつ。 今年...

記事を読む

泣くを超える想い。

いつも受け取るものがあるよ、 ってそう書きます。  ...

記事を読む

新着記事

2017年10月 Sound Soulsご感想2

新しく取り入れております。 ご感想が予想通りに、 興味深いのでシェ...

記事を読む

出逢いを縁る。

今日書くことは・・ 喪失とともに生きるのあとがきに書こうとして、 ...

記事を読む

2mmのカーブ

正確には2mmずれた曲線のカーブのよう、 という話をしたのですが長い...

記事を読む

いつでも会える~本の紹介

かなり前に頂いた絵本で、 そのときはまだグリーフケアって知らなかった...

記事を読む

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

記事を読む

2017年10月 Sound Soulsご感想2

新しく取り入れております。 ご感想が予想通りに、 興味深いのでシェ...

出逢いを縁る。

今日書くことは・・ 喪失とともに生きるのあとがきに書こうとして、 ...

2mmのカーブ

正確には2mmずれた曲線のカーブのよう、 という話をしたのですが長い...

いつでも会える~本の紹介

かなり前に頂いた絵本で、 そのときはまだグリーフケアって知らなかった...

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

→もっと見る

PAGE TOP ↑