*

ゼールゾルゲ(魂のケア)

Pocket

ケルスティン・ラマーさんにお会いすることができました。
ドイツのゼールゾルゲ(魂のケアと和訳されています)
牧師さんで、病院で患者様の心の苦しみをケアする方です。
そして、ケールゾルゲのスーパーバイザーをされています。

 

悲しみに寄り添う

先日、ご著書をブログでも紹介させて頂きましたね。

 

 

とても読みやすく、理解もしやすい本ですが

お話も日本人にも受け止めやすい内容でした。

 

ゼールゾルゲは牧師さんがなる職業のようですが、
スピリチュアルケアは他の人でも出来るということを
伝えて下さいました。

 

私が考えていることと同じエッセンスをいくつも確認できたこと。
私にとって、かなりの収穫だったと思います。

 

 

このあたりのことは、きっとこれからのブログに登場します。
もっとお話ししたかったなぁ。。

 

「応援してるね。一緒に撮った写真送ってね。」
と言って頂き、感激です。

 

 

仲間もまた、増えました。
日本でも、グリーフケア浸透するのではという気になってきました。

 

サインを頂いたが、ドイツ語だったので。。
T教授に訳を求めたところ
「愛のある繋がり」だそうです。

 

私のテーマでもありますね。
これからも、繋ぐ・繋がる、人も想いも。

TS3U0231

TS3U0496

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

記事を読む

身に付いた価値観を眺めてみる。

人にはそれぞれに価値観があります。 それ自体は問題ではなくて、 自...

記事を読む

運ぶ先はどこ?

毎日生きていること、 いのちを運んでいるのですよと書きました。 ...

記事を読む

大切な言葉

大切な言葉はたくさんあれど、 自分にとっての大切な言葉。 このセン...

記事を読む

事実のヴェール

事実は本当に起きたこと、 これは変わらない。 その事実をどう扱って...

記事を読む

新着記事

無意識に感謝して。

無意識って、脳の特別なからくりです。 あると思ってないとない、 で...

記事を読む

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

記事を読む

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

記事を読む

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

記事を読む

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

記事を読む

無意識に感謝して。

無意識って、脳の特別なからくりです。 あると思ってないとない、 で...

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑