*

ゼールゾルゲ(魂のケア)

Pocket

ケルスティン・ラマーさんにお会いすることができました。
ドイツのゼールゾルゲ(魂のケアと和訳されています)
牧師さんで、病院で患者様の心の苦しみをケアする方です。
そして、ケールゾルゲのスーパーバイザーをされています。

 

悲しみに寄り添う

先日、ご著書をブログでも紹介させて頂きましたね。

 

 

とても読みやすく、理解もしやすい本ですが

お話も日本人にも受け止めやすい内容でした。

 

ゼールゾルゲは牧師さんがなる職業のようですが、
スピリチュアルケアは他の人でも出来るということを
伝えて下さいました。

 

私が考えていることと同じエッセンスをいくつも確認できたこと。
私にとって、かなりの収穫だったと思います。

 

 

このあたりのことは、きっとこれからのブログに登場します。
もっとお話ししたかったなぁ。。

 

「応援してるね。一緒に撮った写真送ってね。」
と言って頂き、感激です。

 

 

仲間もまた、増えました。
日本でも、グリーフケア浸透するのではという気になってきました。

 

サインを頂いたが、ドイツ語だったので。。
T教授に訳を求めたところ
「愛のある繋がり」だそうです。

 

私のテーマでもありますね。
これからも、繋ぐ・繋がる、人も想いも。

TS3U0231

TS3U0496

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

LUMINEライブラリー

私が書くまでもなく、 若者や都会の方には有名でしょうが・・ ル...

記事を読む

向こうからは見えている。

「うちはね、太陽とかじゃなくて月なんです。」 「あのこが逝ったと...

記事を読む

ラムネの王子様

先日終末期の方がいて・・ 食べることが大好きなのに、 食べれなくな...

記事を読む

そしたら、そこで考えるのだ。

御自身の語りを、と昨日書きましたね。 自身を語る。 これ結...

記事を読む

自身を語る。

私はよく自分のことを話すと言われます。 (最近は・・かな。) 言葉...

記事を読む

新着記事

ivyが7歳になりました☆

思わぬことでブログをお休みしておりますが、 皆様から頂く愛と祈りに心...

記事を読む

2020年 木蓮の候

候とは手紙の挨拶文に使う言葉ですね。 こんな時期ですが、いかがお過ご...

記事を読む

混沌と混沌の間

混沌って難しい言葉ですよね。 ❝こんとん❞と読みます。 これ自体が...

記事を読む

メルマガvol.130

遅れて公開のメルマガがやっと追いつきそう。 今年は大分遅れ気味でした...

記事を読む

緑の風

緑の風が吹いてるなぁ、 と感じるこの頃です。 セミナーでも、カ...

記事を読む

ivyが7歳になりました☆

思わぬことでブログをお休みしておりますが、 皆様から頂く愛と祈りに心...

2020年 木蓮の候

候とは手紙の挨拶文に使う言葉ですね。 こんな時期ですが、いかがお過ご...

混沌と混沌の間

混沌って難しい言葉ですよね。 ❝こんとん❞と読みます。 これ自体が...

メルマガvol.130

遅れて公開のメルマガがやっと追いつきそう。 今年は大分遅れ気味でした...

緑の風

緑の風が吹いてるなぁ、 と感じるこの頃です。 セミナーでも、カ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑