*

ゼールゾルゲ(魂のケア)

Pocket

ケルスティン・ラマーさんにお会いすることができました。
ドイツのゼールゾルゲ(魂のケアと和訳されています)
牧師さんで、病院で患者様の心の苦しみをケアする方です。
そして、ケールゾルゲのスーパーバイザーをされています。

 

悲しみに寄り添う

先日、ご著書をブログでも紹介させて頂きましたね。

 

 

とても読みやすく、理解もしやすい本ですが

お話も日本人にも受け止めやすい内容でした。

 

ゼールゾルゲは牧師さんがなる職業のようですが、
スピリチュアルケアは他の人でも出来るということを
伝えて下さいました。

 

私が考えていることと同じエッセンスをいくつも確認できたこと。
私にとって、かなりの収穫だったと思います。

 

 

このあたりのことは、きっとこれからのブログに登場します。
もっとお話ししたかったなぁ。。

 

「応援してるね。一緒に撮った写真送ってね。」
と言って頂き、感激です。

 

 

仲間もまた、増えました。
日本でも、グリーフケア浸透するのではという気になってきました。

 

サインを頂いたが、ドイツ語だったので。。
T教授に訳を求めたところ
「愛のある繋がり」だそうです。

 

私のテーマでもありますね。
これからも、繋ぐ・繋がる、人も想いも。

TS3U0231

TS3U0496

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

揺れる心と世界から。

何が違和感なのかずっと考えていた。 人のお話を聞いていて不思議な...

記事を読む

グリーフに想いを寄せて。

2013年にグリーフカウンセリングivyを初めて以来、 想いは変わっ...

記事を読む

流して、放して、開け放つ。

心にある秘密って外には出しません。 誰にも言えない、分かってもらえな...

記事を読む

過去にあるもの。

過去と聞くと未来と違う扱いをされることがあります。 どうしてだろう?...

記事を読む

多分にもれず、私も。

人間って何かなぁ、 人ってどんなかなぁと毎日考えながら生きますが・・...

記事を読む

新着記事

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

記事を読む

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

記事を読む

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

記事を読む

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

記事を読む

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

記事を読む

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑