グリーフに向き合う旅 | グリーフケアとはなんでしょう

*

グリーフに向き合う旅

Pocket

今、書こうとして思ったこと。

何故、私はこのことに“旅”と使っているのだろう。
と、素朴な疑問。

ちなみに、私のブログは申し訳ないことに
なんの構成もなく、その時思ったことをつらつらと書く。

ブログって本当は書いて、直してまた直して。。
それから、最後にタイトル決めて。。とか最近のセミナーで教えて頂いた。

私ねぇ、駄目みたいなんです。そうやって書こうとすると、止まってしまう。
んで、こんな形で湧き出た気持ちとか、想い出とかを書かせて頂いております。

あと、昔の日記があると思って下さっている方がいらっしゃいますが。。
すみません。それもありません。
記録より、記憶の奴なんです。
書きたいエピソードも沢山あるし、毎日「あのこと書こう」とか考えるけど
ふっと、「今日じゃないなぁ」とか思って。延期とかばかり。

だから、文章上手ではないですが
こんな風にしか書けません。(言い訳がましくなった。)

そして、今日は↓の続きを書こうと思ったら
グリーフケアとの出会い3

“旅”って自分で使っておいて、考え中。
人生は旅とよく言われるし、グリーフとの付き合いも旅と表現されます。
自分のこととして使ったことは、まだありませんでした。

きっと、“旅”になってきたのかもしれません。

よく、もう過ぎたことだからとかいいますが。
過ぎたことでも、こころに引っかかっていたり
傷ついているうちは過去ではないからです。
出来事は過去でも、まだその人の気持ちは“今”なんですね。

だから、そこをまず受け止めないと
苦しい。切ない。もう過ぎたことなのに、どうしてこんなに?!
と余計につらいという感情が入り乱れてしまいます。

私もグリーフで苦しかった時は、まだ今だったから。。
“旅”って表現を習っても、自分にはそう使えなかったのかもしれませんね。
自分の喪失のケアをして、やっと旅になってきました。

今は、自然な自分になれた気がします。

グリーフケアは大事です。。寄り添うしか出来ませんが会いに来て下さいね。。

TS3U0214

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人は誰でも。

普通とか、当たり前って、 きっとなさそうなんだ。 ましてや、 ...

記事を読む

お寺からつながるグリーフケアin静岡

2018年5月30日静岡県掛川にて、 live-onさん主催の場があ...

記事を読む

言葉に乗せて。

昨年作った冊子を増刷しました。 そのこらしく、あなたらしく ...

記事を読む

愛と哀からなる抱擁

お別れのときがきたら、 ただその人を抱きしめて感謝の言葉を言おう。 ...

記事を読む

2016年12月17日 シリーズ5回目死生観

グリーフケアの入門編である、 グリーフケア~はじめの一歩に続くシリー...

記事を読む

新着記事

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑