*

グリーフという言葉 vol.4

Pocket

グリーフという言葉はまだ認知されていない。

知らない人の方が多いのだと思う。

 

これから浸透していくのかも分からない。

でも私はとても大事なことと思って、今その仕事をしている。

 

 

 

 

初めて知ったのは、もう20年くらい前のこと。

 

グリーフケアとの出会い


この記事は最初に本を紹介したとき、
まだ受け入れられないと思ってタイトルにしていないのね。。私。

 

 

 

 

最近感じるのは。。
専門用語だからって理由を言われるけど、
支障になっているのはそこではない気がするんだ。

 

 

だって、死や死別は誰もが抱える出来事。

専門分野より、余程身近なはず。

 

 

 

 

じゃあ、難しいから?
ネガティブなことが好まれないから?

 

これも一理現実としては大きいのだけど。
真ん中の理由じゃない気がして。

 

 

 

 

で、思っていること。

 

グリーフという言葉の中の内訳というか。。
その中の単語の意味合いも人によって、違うんだということ。

 

どの言葉も概念は人それぞれなのだけど、
生きるとか特に死に関わる概念は捉え方よりが幅広いのだと。

 

距離感が遠く捉えられるのだと。

 

 

グリーフに向き合う旅

 

 

生と死を取り巻く辺りから伝えないとね。

 

 

 

 

日常に落とし込むことは目指しているのだけど、
もっとかみ砕いていけばいいだろうか。

 

 

まさに❝旅❞のよう、

原点を忘れないで挑む冒険みたいな。。

 

最初の頃の必死なブログを読むと、
我ながらなかなかいい刺激になる。

 

 

 

 

また、人生の旅を続けるの。
先に生き抜いた人も一緒にね。

 

こないだ、空から梯子が降りてた。頑張れってことかな。

TS3U1172

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お寺からつながるグリーフケアin静岡

2018年5月30日静岡県掛川にて、 live-onさん主催の場があ...

記事を読む

言葉に乗せて。

昨年作った冊子を増刷しました。 そのこらしく、あなたらしく ...

記事を読む

愛と哀からなる抱擁

お別れのときがきたら、 ただその人を抱きしめて感謝の言葉を言おう。 ...

記事を読む

2016年12月17日 シリーズ5回目死生観

グリーフケアの入門編である、 グリーフケア~はじめの一歩に続くシリー...

記事を読む

2016年 静岡大学後期 喪失とともに生きる

今日から後期の授業が始まりました。 昨年の様子はこんなかんじ ...

記事を読む

新着記事

2018年6月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

はじめの一歩はグリーフケアの入門編として、 2013年から開催してお...

記事を読む

回る約束

人は生まれもって何か約束があると思う。 言い方を変えれば・・ 生ま...

記事を読む

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

2018年6月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

はじめの一歩はグリーフケアの入門編として、 2013年から開催してお...

回る約束

人は生まれもって何か約束があると思う。 言い方を変えれば・・ 生ま...

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

→もっと見る

PAGE TOP ↑