*

カラフル~本の紹介

Pocket

新年最初に何のことを書こうかな?とか考えつつ、
候補にした頭の中のタイトルを眺めて。。。

いつも、いくつか用意しておいたりするのだけど
思いつきでその日に書きたいことが変わってしまう。

 

これだから・・
書かなきゃいけないことが進まないのだけど(笑)

 

結局、やっぱり好きな本を紹介しよう。

まぁ、今年もこんなブログです。
宜しくお願いします。

 

「カラフル」は有名なので、
読んだ方もいらっしゃるかもしれませんね。
森絵都さんの代表作です。

この方の文章は、大きなテーマが日常にありいいなと感じるの。
こんな風に伝えられたらいいのだけど。

 

この本には、

テーマにも文章にもメッセージが 散りばめられていますね。

人生はカラフルで、それが普通でもいいではないか。

誰の人生もいのちもカラフルなはず。
どんなことがあっても、何かを失っても。

カラフルって単にいいことって意味じゃない。
大好きな本の一冊。何回も読んでます。

 

写真は文庫版、移動中に時々持っていくには文庫が楽だから。

 

お勧めされた本をたまたま見つけて、
しんどい時期には持って歩いてたことを思い出した。

 

カラフルって、新年のテーマぽくていいでしょ?

2014年も自分なりの「カラフル」さを見つめて。

 

カラフル (文春文庫)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

新着記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

→もっと見る

PAGE TOP ↑