*

カウンセリングのタイミング

Pocket

よく周囲の方から、こんなことを聞かれます。

「大切な方をなくして、どのくらいしたらカウンセリングにいくのがよいでしょう?」
という質問です。

グリーフはとてもデリケートな問題です。
このくらいでカウンセリングに来たらいいですよ、というお答えが難しいのです。

なくした方との御関係、お別れのときの場面や経過、家族構成、
グリーフを抱えた方のその後の状況等
いろいろな要因があります。

ですから、期間でお勧めをすることはありません。
何年も経ってから考えたいという方もいらっしゃいますし、
今なくしてから間もないからつらい、苦しいという方もいらっしゃいます。

もうひとつ、一番のポイントは「話してこのことを見つめて見たい。」
そう感じられた時が、きっとその方のタイミングです。
その方にとって、今向き合う時がきたのだと私は考えます。

ただ、早期に対応されることが望まれることもあります。
下記のような状態にある場合には専門家への相談やケアが必要といわれています。
参考にされてください。

・深刻な罪悪感を感じるとき。
・自殺を考えるときがある。
・絶望感が強い。
・うつ状態が続く。
・健康状態に影響がある。
・怒りが我慢できない。
・日常生活が送れない。
・アルコール等に依存してしまう。

勿論、御家族からの御相談も承ります。
ご本人がカウンセリングにみえる気力や体力のないときは
支える御家族が対応について知ることも有効と考えます。

一度、ご相談くださいね。
いつでもお待ちしております。

wtr0005-005

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

目の前の兆し

新しくカウンセリングにいらした方に、 “またここからの一歩だね”とお...

記事を読む

ミッション・セッション11

あら、ゾロ目・・ 縁起いい気がしますね。 この日のセッションも流れ...

記事を読む

陰極まり、陽となる。

冬至を過ぎ、心なしか陽がオレンジに見えます。 ここから陽が長くなって...

記事を読む

まだ見ぬ❝安全❞

このところ「今のじぶんのここから」 というセッションのことを書いてい...

記事を読む

「今のじぶんのここから」セッション

“と”じゃなくて、“の”です。 「今のじぶんのここから」ね。 ...

記事を読む

新着記事

喪失というテーマ

私のテーマは喪失です・・ と話すと“え?何ですか?”とよく返されます...

記事を読む

2020年9月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

2020年はセミナーを控えめにしていて・・ オンラインでマンツーマン...

記事を読む

痛みにある真心

痛みは避けたい、 これは本心だと思う・・人間だからね。 だって...

記事を読む

Visionとともに。

Visionというとビジネスとか、 仕事などのイメージもありますが・...

記事を読む

2020年7月 インナーチャイルドWS ご感想

インナーチャイルドWSも恒例になっていますね。 詳細はこちらの記事を...

記事を読む

喪失というテーマ

私のテーマは喪失です・・ と話すと“え?何ですか?”とよく返されます...

2020年9月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

2020年はセミナーを控えめにしていて・・ オンラインでマンツーマン...

痛みにある真心

痛みは避けたい、 これは本心だと思う・・人間だからね。 だって...

Visionとともに。

Visionというとビジネスとか、 仕事などのイメージもありますが・...

2020年7月 インナーチャイルドWS ご感想

インナーチャイルドWSも恒例になっていますね。 詳細はこちらの記事を...

→もっと見る

PAGE TOP ↑