*

わすれられないおくりもの~本の紹介

Pocket

ブログを読んで下さる方に支持して頂いている記事。

 

 

“からすのパン屋さん”のお話には、
実は続きがあるのです。

 

 

からすのパン屋さん

 

 

 

実は私は。。

Kちゃんのお母様の気持ちにそぐわないことを言ってしまって。
お母様は気分を害されたことがあったのです。

 

 

勿論気持ちも動揺されていたときでしたから、
私はそれも踏まえて捉えていたのですが。

 

 

あの手紙はの本来の意味は、
お母様からのそのことを後悔するお手紙でもありました。

 

 

「想い出を話す人がいない。
浅原さんとまたこうちゃんのことを話せたらどんなにいいかしら。
あのとき妹にと頂いた絵本、
“わすれられないおくりもの”
妹は大好きでいつも読んでいます。」

 

そう綴ってくださいました。

 

 

 

 

この絵本は、
大人が読むのとこどもが読むのは捉え方が違うことがあります。

 

 

 

大人は、
「アナグマが死んでしまい可哀想だね」
ってお子様に話しかけてしまいがち。

 

 

 

こども達は違う反応をしてくれることがあります。

 

 

 

妹ちゃんも私のメッセージを受け取ってくれたようでした。

 

 

 

そして、お母様にも伝わったのかな?

 

 

 

 

 

つらいなかで、見つけるあの人からのおくりもの。。

探せたら、どんなにか。。

 

 

時間はかかるかもしれません。

 

 

しんどいときもあるかもしれません。

 

それでも、一緒に探しましょうね。


わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

新着記事

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

→もっと見る

PAGE TOP ↑