*

わかれの船~本の紹介

Pocket

セミナー聞きながら、泣いて下さる方がいる。

 

それは、私のお話がいいとかそういうことでなく

いろいろなことを思い出しておられるのだと思う。
そして、想いが溢れてくる。

 

“あんなことあったなぁ”とか、“あのとき~すれば。。”とか。
他にもいっぱい、いっぱいの想い。。

 

それを私は、後悔と言う言葉では表現したくないなと思う。

一般にいう、その後悔はお相手には後悔ではないかもしれない。
想い出だったり、実は大したことなかったり。。

事によっては、一番素敵な想い出かもしれない。

 

私は、聞いている方が泣いても動じないトレーニングをしてしまったので(笑)
気がついているけど、そのままずっと話す。
見る方によっては冷たく感じるかもしれない。

 

ただ話しながら、思うことは。。その時間を大切に味わって頂きたい。

もし、私が「大丈夫?」と聞いてしまったら
その時間は中断されてしまうから。だから、途中では声は掛けないと決めた。
(この決断をするのは、本当に勇気がいるのだけど。。)

 

じんわりじんわり思い出す時間。

 

その大切な方のこと、先に生き抜いた方のこと。
少し幼かった自分。。今成長したから振り返れる自分のこと。
そして、今在る自分。

 

“あと書きまで全部いい”この本の帯に書いてあって
読んでみて、確かにその一節がお気に入り。

 

あとがきの言葉は、著作権になってしまうだろうから
書けないけど。。グリーフケアに通じる言葉が書いてある。

 

この本を見ると、何となくそれでいい気がして。
自分の決断はきっと揺らがない、そんな気がする。

だから、最近セミナーに行く前はこの本の表紙を見てから行く。

わかれの船 (光文社文庫)
mportant;” />

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

だからこそ、語る。

本音で話せる場っていいね、 そんな話題が出ることがあります。 ...

記事を読む

不安は双方

このところ御家族内の依頼が多め、 揉め事にまで至っている御相談があり...

記事を読む

切なさ香るとき・・

気持ちがしんどいときって、 胸が切なくなりますね。 人によって...

記事を読む

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

記事を読む

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

新着記事

だからこそ、語る。

本音で話せる場っていいね、 そんな話題が出ることがあります。 ...

記事を読む

不安は双方

このところ御家族内の依頼が多め、 揉め事にまで至っている御相談があり...

記事を読む

切なさ香るとき・・

気持ちがしんどいときって、 胸が切なくなりますね。 人によって...

記事を読む

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

記事を読む

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

だからこそ、語る。

本音で話せる場っていいね、 そんな話題が出ることがあります。 ...

不安は双方

このところ御家族内の依頼が多め、 揉め事にまで至っている御相談があり...

切なさ香るとき・・

気持ちがしんどいときって、 胸が切なくなりますね。 人によって...

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

→もっと見る

PAGE TOP ↑