*

よく生き よく笑い よき死と出会う~本の紹介

Pocket

デーケン先生を知らない人が多くて、案外拍子抜けする。

誰でも知っていると思っていた。

 

「死への準備教育」(Death Education)という言葉を
日本に必要だと提唱されてきた方です。
あ、上智大学で教鞭をとられていました。
(現在は名誉教授になられています。)

 

しかし、デーケン先生が来日されたのは50年以上前。
熱心に活動を始められてからも、既に40年は経つのではないだろうか。

 

でも、“これからの日本には必要”と書かれた頃から
あまり日本の死生観は進歩していないような気もして
少し申し訳なくなる。

1980年代に、一大ブームもあったのに
日本人は忘れちゃったかしら。

 

まぁ、そういう私も看護学生のときに頂いたサインを忘れていたから
人のことは言えないか。。。すみません。

 

今もお元気で何より。
最近、どんなひと?と聞かれると
「ドイツの方で日野原先生見たい方」と答えている。
イメージがつきやすいみたいから。

 

この何年かは、ユーモアが必要というお話をされていて
参考にしたいが。。ユーモア、苦手なのですよ。

なかなか難しい。

 

あ、でも私が一番初めに名刺交換をした人は
デーケン先生なんだな。ふふん。
ちょっぴり、自慢。
先生は覚えてないとしても、結構な支えになっている。
「20年振りにお会いします。」とお話しさせて頂いた。

 

お会いしたら、何年も元気を頂ける方。
よく生き よく笑い よき死と出会う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

だからこそ、語る。

本音で話せる場っていいね、 そんな話題が出ることがあります。 ...

記事を読む

不安は双方

このところ御家族内の依頼が多め、 揉め事にまで至っている御相談があり...

記事を読む

切なさ香るとき・・

気持ちがしんどいときって、 胸が切なくなりますね。 人によって...

記事を読む

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

記事を読む

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

新着記事

だからこそ、語る。

本音で話せる場っていいね、 そんな話題が出ることがあります。 ...

記事を読む

不安は双方

このところ御家族内の依頼が多め、 揉め事にまで至っている御相談があり...

記事を読む

切なさ香るとき・・

気持ちがしんどいときって、 胸が切なくなりますね。 人によって...

記事を読む

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

記事を読む

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

だからこそ、語る。

本音で話せる場っていいね、 そんな話題が出ることがあります。 ...

不安は双方

このところ御家族内の依頼が多め、 揉め事にまで至っている御相談があり...

切なさ香るとき・・

気持ちがしんどいときって、 胸が切なくなりますね。 人によって...

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

→もっと見る

PAGE TOP ↑