もう一度歩き出す。 | グリーフケアとはなんでしょう

*

もう一度歩き出す。

Pocket

大切な人をなくしたり、
死の前に佇むとき・・
人は根源的な問いに行き当たる。

 

 

行き場の見つからない問い

 

 

死はまだ誰も自分自身で体験できていない、
このことに向き合うのだから大変。

それに人は本能的に、
死について避けたいと感じるものらしい。
生き物として埋め込まれているのかな。

 

 

ここに取り組むとき、
死生観とともに自分の課題が浮上する。

 

 

見えていない事情

 

 

根源的な恐れと気持ちの抵抗と・・

この現実の動かないように感じることを、
再構成していく心の作業がある。

 

 

オルタナティブストーリー

 

 

戻ってこない愛する人、

動かないストーリー、

動いていくのは自分の人生だ。

 

そのために人は何度も何度も語る。

この心の作業をして、人生ともう一度歩き出す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

記事を読む

新着記事

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑