*

もう一度歩き出す。

Pocket

大切な人をなくしたり、
死の前に佇むとき・・
人は根源的な問いに行き当たる。

 

 

行き場の見つからない問い

 

 

死はまだ誰も自分自身で体験できていない、
このことに向き合うのだから大変。

それに人は本能的に、
死について避けたいと感じるものらしい。
生き物として埋め込まれているのかな。

 

 

ここに取り組むとき、
死生観とともに自分の課題が浮上する。

 

 

見えていない事情

 

 

根源的な恐れと気持ちの抵抗と・・

この現実の動かないように感じることを、
再構成していく心の作業がある。

 

 

オルタナティブストーリー

 

 

戻ってこない愛する人、

動かないストーリー、

動いていくのは自分の人生だ。

 

そのために人は何度も何度も語る。

この心の作業をして、人生ともう一度歩き出す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

新着記事

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

→もっと見る

PAGE TOP ↑