*

もう一度歩き出す。

Pocket

大切な人をなくしたり、
死の前に佇むとき・・
人は根源的な問いに行き当たる。

 

 

行き場の見つからない問い

 

 

死はまだ誰も自分自身で体験できていない、
このことに向き合うのだから大変。

それに人は本能的に、
死について避けたいと感じるものらしい。
生き物として埋め込まれているのかな。

 

 

ここに取り組むとき、
死生観とともに自分の課題が浮上する。

 

 

見えていない事情

 

 

根源的な恐れと気持ちの抵抗と・・

この現実の動かないように感じることを、
再構成していく心の作業がある。

 

 

オルタナティブストーリー

 

 

戻ってこない愛する人、

動かないストーリー、

動いていくのは自分の人生だ。

 

そのために人は何度も何度も語る。

この心の作業をして、人生ともう一度歩き出す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

新着記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

→もっと見る

PAGE TOP ↑