*

ひとりで死ぬのだって大丈夫~本の紹介

Pocket

緩和ケア医、奥野滋子先生のご著書です。

緩和ケアとは、終末期のがんの患者さんに寄り添って
治療や痛みのケア、また心のケアをすることを言います。

 

この本のタイトルを初めに見た時は、
この数年流行のおひとりさまの本かと勘違いしましたが

現場の医師が、今の医療の現状と
出逢った方から学んだことを丁寧に綴られている本です。

 

 

緩和ケアと言っても、「死」だけを扱うのではありません。

 

このブログを読んでくださっているあなたは、
もう気が付かれていると思います。

 

「死」には、「生」や時間や人生や
その方の想いや周りを取り巻く方の想い。。
関わりの会った方の人生、今生きている時代背景
そんなたくさんのいろいろなことが繋がっているのです。

 

私がこの本が好きだなぁと感じるのは、
奥野先生が描く患者様がイキイキしているから。

なかなか難しいことだと思うんです。
文章力のことではなくて。。。
私もね、ブログでは掛ける範囲で
出逢った方のことを書きますが。。とても勇気が要ります。
どうしても私の目線から感じたことになりますから。
自分の感じたことを、覚悟決めて言葉にする。

その方から、受け取った想いを文章として綴る。

そういうふうに書ける方は、
いいお医者さんだろうと。そう解釈しています。

まぁ、何がいい医者かはまた難しいのですがね。

 

ということで、最近の一押し本です。
↓ぽちっと、見てみてくださいね。
ひとりで死ぬのだって大丈夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

記事を読む

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

記事を読む

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

記事を読む

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

記事を読む

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

記事を読む

新着記事

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

記事を読む

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

記事を読む

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

記事を読む

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

記事を読む

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

記事を読む

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

→もっと見る

PAGE TOP ↑