*

どちらかでなく。

Pocket

どちらが正解ですか?
どちらがいいですか?

悩みを聞くときに、よく出てくる言葉です。

 

人生の岐路に立ったとき、
別れた先の希望を探すとき、
まだ先が見えないとき。。

人は不安なまま、道を選ぼうとする。

 

そうすると、
これでまた暗闇が長引いたらどうしようとか、
自分の選択は間違っているのではないかという雲に包まれる。

 

 

どちらかを選ばないといけないだろうか。

人生の正解ってどんなことかな?

白か黒だけではない。
 

選択肢は二者択一ではないだろう。

 

 

それよりも。。先が見えないときは、
行く道も狭まっていることに気付いて欲しい。

 

人の生きる道はひとつやふたつではない。
他の選択肢もあるはずなんだ。

思いがけない抜け道もある。。今は見えなくとも。

 

 

 

だから、今の迷いの先も「どちらか」でなくていいのかも。

 
まず、自分の足元を見て。。立つことから。

 

曖昧なグレーの風に吹かれるうち、
風の勢いもおさまったりする。

進む道が広がったり、定まっていくこともある。

TS3U0101

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

イライラからが醍醐味です。

イライラなくそうとする人がいて、 もったいなーいと思うのですが・・ ...

記事を読む

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

記事を読む

ゆだねる感覚

ゆだねる、委ねる、感じだとあまり使ったことない。 というか、この言葉...

記事を読む

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

記事を読む

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

記事を読む

新着記事

イライラからが醍醐味です。

イライラなくそうとする人がいて、 もったいなーいと思うのですが・・ ...

記事を読む

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

記事を読む

ゆだねる感覚

ゆだねる、委ねる、感じだとあまり使ったことない。 というか、この言葉...

記事を読む

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

記事を読む

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

記事を読む

イライラからが醍醐味です。

イライラなくそうとする人がいて、 もったいなーいと思うのですが・・ ...

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

ゆだねる感覚

ゆだねる、委ねる、感じだとあまり使ったことない。 というか、この言葉...

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑