*

どうして、ブログを書いているのか?

Pocket

と、この質問をされて。。
理由はもちろんたくさんあるのだけど。

 

ふと。。
「そもそも」に原点に返って考えている、今日な訳です。

 

それで、昔のブログなど読んでみたりして。

 

 

いのちのかけら~グリーフケアってなんでしょう。

 

 

そこには、こんな文章が。。
(って、自分が書いたんですけどね。)

 


グリーフケアってなんでしょう?
もしかしたら、永遠のテーマかもしれません。

 

 

以前のブログでは、
グリーフのことや私が出会った人やご家族のこと
先に生き抜いたこども達のことも綴っています。

最初の頃に(2013年夏ね)FBに書いていたものもあるのですが。

「知ることが大事」
そう言って頂くことが多くなり。。ブログに。

 

 

想い出というわけではなく、
(まぁ、そう思って読んでいる方もいらっしゃるのだろうが)

 

いろいろな方のいのちのかけらから受け取ったもの、
私達にできることはそれを繋げて。。
想いを紡いでいくことなのだと思うのです。

グリーフを分かち合い、支えあうことが出来ることを願って。。

 

 

看護師だった頃、
先に生き抜いた人のいのちが時間だけで
「可哀想だね」と言われることが疑問だった。。

いのちにちゃんと向き合って、
自分の人生を生きることを一緒に考えていきたい。

 

 

「伝えて」「知りたい」「知ることって大事と知った」
そんなご意見が嬉しくて。。その想いに後押しされて。。

 

グリーフは特殊な反応ことではない。

弱い人が抱えるのでもない。

人間としての反応なんです。

 

それぞれの人生で、大切な人やものをなくしたとき。。
その苦しみや切なさやいろいろな感情に佇むとき、
お互いが寄り添えたらどんなにいいだろう。

 

そう思っていたのだなと。

 

 

 

今と変わらないか。。
いや、今はこの頃の気持ちは確固たるものになりつつある。

伝えたら、感じ取ってくださる方々がいる。

 

人に寄り添うには、どうしたらいいかと聞いてくれる人がいる。

 

御自身の人生を見つめようと。。
もがきながらも人や時間を紡いで下さる方がいる。

 

そんなこころの風景を、毎日見つめているから。

 

 

一番違うのは、ひとりで心細く書いてたのと。。
読んでくださる皆様から、
勇気を頂いて発信しているところが一番違うの。

いつも読んでくださり、本当にありがとう。

TS3U0999

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

記事を読む

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

記事を読む

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

記事を読む

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

記事を読む

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

記事を読む

新着記事

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

記事を読む

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

記事を読む

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

記事を読む

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

記事を読む

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

記事を読む

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑