*

ちっぽけな煌めきゆえ。

Pocket

大切な人やものをなくしたとき、
そこにはいかに大事なものが詰まっていたと気付く。

 

「心にぽっかりと穴が開いたよう」

「身体の半分をもぎとられたよう」

「暗いトンネルを落ちていくよう」

 

どの言葉も比喩のようで、
ときに身体の実感をも伴うのだ。

そんなふうに感じるだけと思わず、
アンバランスさに気付くといい。

 

 

こころと身体はひとつですか?

 

 

そんなふうに時間が経つと、
一致感がなくなることがある。

 

 

人生のフィット感

 

 

不確実性に居続けるのは、
とても居心地が悪いから抜けたくなる。

途中で抜け出すと、
余計になんだか不自由な気持ちになる。

 

 

そこから・・

底まで揺らめいていくと、見えてくるものがある。

 

 

ちっぽけでもいい、
煌めいているという事実。

 

ゆえに柔らかに、優しく。

 

価値とか目的の前にお互いの愛しさがあり、
ただ煌めきと自由があると知る。

 

 

人が皆その煌めきを集めていけたらいい。

そこまで辿りつけるといいなと願って。

私達ひとりひとりはちっぽけゆえ、

一緒に煌めきを照らし合う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

新着記事

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑