*

ただ、人として。

Pocket

講義のスライドを作る週末のこの二日間。
(大学の講義の想定も頭の片隅にずっとあり・・)

言葉を解体しながら、
また気持ちと融合するような作業の中で思うこと。

 

このところ、言葉って難しいなと思うんです。

このとこ?なのかな?
前にも書いたかな?
教授に❝言葉って不便ですよね❞って言ったら、
❝なかったら、もっと不便でしょう❞
と言われ・・

 

確かに、それはそうなんだけどね。

 

 

このところ言葉の概念より、
それを受けた人の気持ちの方が先に走る印象がある。

 

私もそうだったけどね。

 

 

ネットの進化で言葉には多く触れるようになった。
便利でもあるね。

 

その中でふいに目にする言葉や情報の中に、
自分の持つ痛みにも触れる機会が増えたのかもしれない。

 

 

相手がどんな人か、どんな想いを持っているか、
人となりが分からぬまま言葉だけが刺さる。

そんなとき立ち返りたいことは、

❝人として❞

 

尊くあれ。

成熟というテーマ

 

 

 

私ね、小さい(幼稚園くらいね)とき、
何にも得意なことがないこどもでした。
お絵かきもかけっこも上手にできなくて、
お弁当もビリでした。

毎日悲しくて、
今で言えば生きづらかったのだと思います。

 

でもそのことを表現する言葉は、
まだ持っていませんでした。

 

周りのこどもはみんな楽しそうで、
私だけが出来ない子だと思っていました。
(母曰く、こどもの私はマイペースの自由人だったらしいから
この話はきっと思い込みも多々あるかもですが。)

まぁ、でも当時の私は苦しかったのは本当です。
小さいながらにどうしたらいいか困っていました。

 

 

それで知っている範囲で考えたことは、
人のためと言われる仕事にせめて就こうとした訳です。

 

このときの想いは全く自己肯定感も低く、
今思っても短絡的でもありますが。。

 

 

人として、人のためにできることをしよう。
という気持ちは純粋だったと思うのです。

 

大人になってから様々な学びの中で、
自分のことも振り返りました。
自分の痛みも掘り下げてみました。

こどもの頃よりもいろいろな選択肢もありますが、
それでも結局辿り着くひとつが同じな訳です。

 

 

人が生き抜く姿は素晴らしく、
いのちはただ美しい存在だという意識は変わらない。

 

よって、
他の人と繋がって生きるという生き物である。
人として誰かとともに生きるという世界で生きる。

 

それならば私は、
何かのときに手を伸ばせる自分でいたいのです。

実際に出来ることなどないとしても、
誰かがそう言ってくれたら嬉しいと思うのです。

人と関わることが喜びであるといい。

 

 

❝人として❞

愛に満ちて、

いのちを大事にお互いが寄り添って生きていきたい。

TS3U1488

TS3U1488

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

貴方らしく泣いて欲しい。

人は泣く。 泣かない人なんていないもの。   ...

記事を読む

未来に繋がる組織とは。

このところ有難いことに、 企業の研修を依頼されます。 これは一...

記事を読む

案外、悪くない♪

人生の最期に、 “幸せだった・・” そう思いたい人は多いことでしょ...

記事を読む

新着記事

だからこそ、語る。

本音で話せる場っていいね、 そんな話題が出ることがあります。 ...

記事を読む

不安は双方

このところ御家族内の依頼が多め、 揉め事にまで至っている御相談があり...

記事を読む

切なさ香るとき・・

気持ちがしんどいときって、 胸が切なくなりますね。 人によって...

記事を読む

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

記事を読む

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

だからこそ、語る。

本音で話せる場っていいね、 そんな話題が出ることがあります。 ...

不安は双方

このところ御家族内の依頼が多め、 揉め事にまで至っている御相談があり...

切なさ香るとき・・

気持ちがしんどいときって、 胸が切なくなりますね。 人によって...

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

→もっと見る

PAGE TOP ↑