*

そのこを想えば・・

Pocket

医療現場の方から、
質問を頂くこともあります。

正解がない、
または明確でないこと。

 

患者さんやご家族はもとより、
医療スタッフも惑うことがあります。
看取りの場では特にセンシティブです。

 

 

こんな質問を頂きました。
小さな赤ちゃんの看取りに関してですね。

 

 

“看取りの時期の親子への寄り添い方についてです。
お家で用意していた衣類を使うとかも、
亡くなった後に両親のためになりますか?
つらくなりますか?”

 

 

個別に看れば対応は様々と思いますが、
悪い選択ではないと思うのです。

私の返答はもう少しそこに伝えたかったことを・・

 

 

“シンプルに答えれば、
両親のためでなく・・
そのこを想ってのことならば、
想いを紡いでいくひとつになるのだと思います。”

そうお返事しました。

 

 

“そうですよね。
・・そうでした。”

と優しい想いが返ってきました。
分かってるのにね、悩むもんね。

先日も書いたことと通じますが・・
この記事ね。

 

 

医療の選択の奥側

 

 

医療現場に行くと、
出来ることを聞かれたり・・
事例を聞きたかったと言われることがあります。

 

何をするかではないこと、
医療現場に伝えていきたいなと思うのです。

 

そこにある想いをともにすること。

 

 

思えば私も教えてもらったのよ。

昔書いていた記事ですが、
たまにはこちらのサイトから・・
私の師匠

 

この場面は今でもよく覚えていて。

そのこを想うとき、
関わる人はひとりの人として向き合います。

 

最期のときを過ごすとき、
真摯な想いをもって接する。

心配だけでなく、怖さでなく、
想いを紡ぐ願いは伝わる。

 

 

そのときは例え、
糸のように感じたとしても。

 

この自分を持ち続けていく。

 

 

何よりも、ここです。
私が大事にしていきたいと思っているとこね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

記事を読む

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

記事を読む

お互いの真実に。

人にはいろいろなものの見方があります。 と書くと、でも事実はひとつで...

記事を読む

新着記事

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

記事を読む

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

記事を読む

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑