*

そうそう、うーむ、そうか!なるほど。

Pocket

メルマガのお返事をもうひとつご紹介。

この方の書いてくださったこと、
読んでくださる方も共感されるかなと思って。

 

クライアントさんではなく、
メルマガに登録してくださっている方です。
が・・内容は個人が分からないように、
大分省かせて頂きました。
よって途中少し話が飛びますが、
その点はご容赦ください。

 

 

浅原さんへ

いつも優しい言葉と心の言葉を紡いでくださり、
ありがとうございます。

ブログを拝見しながら〝そうそう!〞って思ったり、
〝うーむ、心が痛い〞と思ったり、
〝そうか!なるほど!〞と思ったりしています。

大人の成長については、そうですね~と思いました。
深みを増していくのに必要な内省をしていく作業というか、
なんというか。

毎日それをすることに、
難しさを感じている時期がありました。

なんだろう?

自分の内面を見つめる勇気がないというのか、
苛立ったり、悲しかったりする理由に
目を向けるのさえ億劫な時がありました。
内面を眺めると、嫌なものばかり出てきそうで(◞‸◟)
考えるスピードがゆっっくりということもあります。

そうではあっても内面を見る作業って大切ですよね。

失ったものが多い人、
無思慮な言葉に傷ついた人、
信頼の絆を幼い時に育む場がなかった人、
結果主義と競争社会に揉まれて傷ついた人。
戦争の傷跡もあるかなぁ?と思ったりします。

(中略)

安心感を与える場所、
関係ってどんなんだろう?といつも考えます。

心を注ぎ出す安心できる場所。

浅原さんも、そんな場所になってますね^ – ^

 

 

 

ありがとうございます。
そんな場所かは未だ不明ながら、
いつも心掛けようと思うことがあります。

 

カウンセリングとか傾聴の場って、
答えを探すように受け取られがちです。

いらっしゃる方でも、
「どうしたらいいかを教えてください。」
そう仰る方もいます。

でも私には分かりません。
未来を知ることは出来ないし、
私が選択したことが正解になるとも限らない。

 

私がお付き合いするのは、
クライアントさんが選ぶことが出来るようになるまで。

そのために悩んだり、葛藤したり、
その言葉を出していくことなのです。

 

今日のタイトルがまさに、なんです。

 

「そうそう」って共感し合ったり、
「うーんっ」って想いに留まったり、
ときに揺らいで正直な想いに気付いたり。

「そうか!」って自分と答え合わせしたりね。

 

 

対話の可能性に立つ。

重なりのとき。

 

 

御自身の想いと現実が重なります。

いのちの時間を創りだしていく。

問いと向き合う。

そんな心の作業の出逢いです。

今日も対話しながら読んでくださり、
どうもありがとう。

2018年3月 MYジャンクション

2018年 Sound Souls

カウンセリングのページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

新着記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑