*

“さみしい”の考察②

Pocket

異例の続きになってしまいました。

昨日の記事はこちら
“さみしい”の考察①

 

 

事象に対する前提と、
反応まで書きましたね。

ここで外軸だと自分を見失うのね。

 

外軸というのは、
人にどう想われるかとか・・
自分の外側のことです。

そんなふうに言われるなんて・・
みたいな表現のこと。

人の見方は千差万別あるものでして、
これも否定もディスリも要らず。
自分軸はどこなのか、
ここを捉えていくことです。

 

もし嫌な感情が湧いたら、
それはどこが根っこが観察ね。

 

実際私の例を引き合いにしてみましょう。

まず、私がさみしいのは事実か?
とひとり検証してみるとする。

そうね、そう感じる方もいることでしょう。
世の中の全てを手にすることはないでしょうし、
そうなったからといってさみしさは消えないだろう。

さみしさが何かということを、
自分が捉えていなければ。

ここからいかに生きようか、
という課題もそこにはある。

 

 

それでも好きな仕事がふたつもあって、
自分の大事なことを表現する機会にも恵まれて。
いっぱいいっぱい泣いたこともあるけど、
そこから大切な人を心から愛することも知りました。

親友と(思って)なんでも話せる方もいて、
応援してくれる人もいる。
このままの私でいいという現実があって、
もう充分・・

それでも人はさみしいか?

 

 

孤独を生ききる~本の紹介

 

 

人は誰もがさみしさを感じるのだと思います。
この身体という境界線がある限り・・

上で紹介した本の中にもありますが、
誰かと全く同じように感じることはないのです。

この身体と自分の心で、
限られた時間といのちを生きていくからです。

 

 

私達のもつ“孤独”というテーマは、
とても大きく感じて・・
ときに心折れそうになります。

それ故に大切な人を想い、
大事なことに気付くことが出来るのも事実。

自分のさみしさを見つめることは豊かでもあります。
さみしいって幸せのひとつなのかもしれない。

そんなメッセージを受け取りつつ、
私日常の検証を公開してみました。

何かの参考になれば幸甚です。
明日まで続きます。

グリーフカウンセリングivyのHPはこちらから

 

親愛なる友がいつの間にか撮ってくれた、
この写真はまるきりの素でお気に入り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

記事を読む

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

記事を読む

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

記事を読む

自分を閉じ込めるもの。

好きに表現していいですよ、 と話すと驚かれますが・・ 我慢したり、...

記事を読む

ゆるしに似ているもの

怒りについてを書くと言って、 早数年経っているわけです。 &n...

記事を読む

新着記事

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

記事を読む

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

記事を読む

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

記事を読む

自分を閉じ込めるもの。

好きに表現していいですよ、 と話すと驚かれますが・・ 我慢したり、...

記事を読む

ゆるしに似ているもの

怒りについてを書くと言って、 早数年経っているわけです。 &n...

記事を読む

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

自分を閉じ込めるもの。

好きに表現していいですよ、 と話すと驚かれますが・・ 我慢したり、...

ゆるしに似ているもの

怒りについてを書くと言って、 早数年経っているわけです。 &n...

→もっと見る

PAGE TOP ↑