かくれた次元~本の紹介 | グリーフケアとはなんでしょう

*

かくれた次元~本の紹介

Pocket

生物の距離感と、文化へのアプローチの本。
すごい適当な紹介に感じるだろうが、そういう内容。

 

何年か前に、すごい読みたくて。欲しくて。。
でも、勉強中で節約だったから(笑)
仲良しにプレゼントしてもらった一冊。

で、余計に宝物。

 

 

 

グリーフとか死生学とか関連ではないけど、
私的にはかなり役立っている。

 

人間も生物も、理解とか分かったようなこというんじゃなくて
私は距離感の理解が必要だし、大事かと思っている。

 

この場合の“距離感”は、ネガティブの表現だけではない。
いい意味でもあるのよ。

私が今、仕事で立つのはかなり絶妙な距離だから。
寄り添ったり、共感すればいいってものではない。

距離を知らないと、傷つけてしまう人もいる。
それは一種、綺麗事で。。本来のグリーフケアではないから。

 

 

先日の金沢で、何故かこの本のことを話したら
島根のM先生が
「エドワード・ホールの?」と知っていて
流石。。と感動したことも相まって
更に想い出が足された本になっている。

かくれた次元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

記事を読む

もたらされるもの。

喪失を抱いて生きる、 私にとってもテーマです。   ...

記事を読む

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

貴方らしく泣いて欲しい。

人は泣く。 泣かない人なんていないもの。   ...

記事を読む

新着記事

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

→もっと見る

PAGE TOP ↑