*

おそらのリビーへ~本の紹介

Pocket

グリーフケアの中の大切なひとつに、御兄弟へのケアがあります。

例えば、小さい赤ちゃんをなくされたおうちのお兄ちゃん、お姉ちゃん。
幼稚園くらいだったりすると、まだ赤ちゃんがいなくなったことがよく分からなかったりします。

でも、お父さんやお母さんが泣いている姿を見たりしますし。
家中が悲しい空気なのは、一番感じるのです。
どうしていいか分からない年齢です。

かと、いって小学生になると
赤ちゃんがいなくなったことは分かるのだけど、みんながつらそうだから。。
自分は我慢していたりします。

お父さん、お母さんも勿論気に掛けていらっしゃいますが
こども達の心中も複雑なのです。
病院にいる間では、対応できなかったりしました。

あるお姉ちゃんは、丁度機会を頂き私がグリーフブックを読ませて頂きました。
読み終わって、
「あぁ、よかった。天国に行ったんだね。」とニコッとしました。
きっと、このエピソードに何年も救われているのは私かも。

この本も、そんなうちのひとつです。
妹をなくしたお兄ちゃんが、5才のときにお話しした言葉が絵本になっています。
「てんしのはねのうごかしかたわかる?」とか、可愛い。
それだけじゃなく、
「もう、自由に動けるんだよね。」とか本質もついた発言もはっとさせられます。

気持ちを表出させてあげる時間が少しでもあるといいのです。
可能なら、一緒に話してみるともっといいですが。

御家族も悲しみの中で、
お気持ちがつらくなったりしますし無理はされないでくださいね。

誰かの力が必要なときもあります。

TS3U0124
おそらのリビーへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

記事を読む

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

記事を読む

お互いの真実に。

人にはいろいろなものの見方があります。 と書くと、でも事実はひとつで...

記事を読む

新着記事

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

記事を読む

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

記事を読む

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑