*

“あるべき”はない、グリーフの世界

Pocket

先日のセミナーで、尾角光美さんの「ままに」というキーワード

その通りである訳です。

「あるがままに」「感じるままに」

 

尾角さんの講演やワークショップは、グリーフということを
御自身の体験から伝えられています。

2月8日「生きる」を考える~響いてきたいのちからの言葉“聴くことの力”

「ままに」という言葉が、すっと入ってきたことと思います。

 

 

そこで思うこと。
私のセミナーでは、援助職の方に聞いて頂くこともあり、
グリーフということを知識として伝える機会があります。

感想の中に
「結局(ご遺族に)、なんて言葉をかければいいか知りたかった。」
という意見を頂くことがある。

 

うん、気持ちはとてもよく分かります。
私もきっとそう思って、勉強してました。

 

あの時なんて言えば良かったんだろう?
どう行動したらいいんだろう?

見送った後で家に帰ってからも、ずっと考えたりしていました。
「どうあるべきか」「どうあるべきだったか」を。

 

今になって思えば、マニュアルではないのですから
分からないはずよね。

 

~って言えば、グリーフが癒えちゃいます。。
なんてことは、ひとつもないわけなのです。
期待された来る方には、申し訳ない気にもなりますが。

 

それでも、グリーフってこういうことなんだ。
ただただ寄り添うことってなんだろう。

 

グリーフケア~こうあるべきってことではないのだな。。

 

そんな風に受け取って頂けるように
これからもお伝えしていこうと思います。

 

尾角さんをセミナーにお招きできて思ったこと。

大変なことも、涙が出ちゃうこともある。
でも私もまだまだ微力ながら、伝えていきたいことがある。
また決意新たにした日になりました。

そんなことを思うと、そういうカードが出るから
なかなか不思議ですね↓
TS3U0160

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

記事を読む

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

新着記事

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

記事を読む

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

記事を読む

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

→もっと見る

PAGE TOP ↑