*

ありがとう、出逢ってくれて。

Pocket

この言葉をずっと、なかなか言えないでいます。
言う時は、勿論本心で言うのだけれど。。

新しい人々と出逢うことが増えてきたから、
何故か。。少し戸惑うのかもしれません。

 

 

ivyと、私と出逢う方は、悲しみや切なさを抱えて生きていることがある。

 

その想いがなかったら、私とは出逢わなかったのだろうかと
ときに思うことがあるから。

 

 

そんなセンチメンタルな気持ちを感じつつ、
グリーフを抱えていても、出会えない方がいるし
出逢いはご縁で、偶然は必然だと知っているんですけどね。

 

 

ずっと昔、あるお子様のお母様に

「うちの子が病気にならなければ、出逢わなかったのに。
○○先生も、浅原さんのことも大好きだけど、出逢いたくなかったのに。
うちの子は、病気になんてなりたくなかったのに。」

 

そう泣かれたことがあって。。

 

 

読んでいる方のために、先に言うと。
これを言われた時、私はそれはそうだなときちんと受け止められたし
看護師として病院で出逢ったから、今と状況は違います。

 

それに。。
この時の、このお母様の心境は尋常ではなかったから。

 

事実、このお母様はひどく後悔されて。。
数が月後に丁寧なお手紙を下さった。
「本当に失礼なことをぶつけてしまった。また会って、話したい。」と。。

 

 

クライアントさんが先日
「こんな苦しい中、先生に出会えない人もいるんですよね。。
そういう人は、どうしているんだろう?ずっとひとりで苦しいのかな?」
とぼそっと仰った。

 

 

この方は、私にたどり着くまでが長くて。
ずっと夜な夜な検索し、静岡ではグリーフケアはないと思い。。
(グリーフという言葉を知らなかったから、検索が大変だったと思う。)

 

そんな中。。間に数人のご縁を経て、私のことを知ってくれた。
最初の電話で
「静岡にはそういう人はいないと思ってました。」
と号泣された。

 

今は、だいぶ落ち着かれて
「ご縁があって良かった。」「たどり着けない人もいるんですよね。。」
をいつも言ってくれる。
だから、今は胸を張って言おうと思う。
見つけてくれて、ありがとう。
出逢ってくれて、ありがとう。

 

今はまだ、お会い出来ていない方へ
いつか出会えますように。

 

あなたへのご縁がつながるよう、グリーフケアの和を繋げましょうね。

 

まだ、グリーフを抱えていない方も
もし、お力をお借りできるなら誰かに伝えて下さい。

 

グリーフは誰か寄り添ってくれることなのだと。

そして、私と出逢うこと、セミナーに参加して頂くなど
その和に繋がってくださるととても嬉しく思います。

TS3U0560

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

見つける扉はどこにあるか?

大切な人がいない世界をここから、 まだ生きていく・・そう思ったとき・...

記事を読む

マイナスからでも。

大切な人をなくして、 「受け取ったものもあるのに・・ どうして私は...

記事を読む

今はこのまま・・いっとき。

大切な人やものをなくし、 自分ってなんだろう・・ そんな想いを抱え...

記事を読む

ここからのスタート

大切な人をなくして、 ivyにいらっしゃる方は年齢も状況も異なります...

記事を読む

心奪われた願いの行方

人は後悔や自責の念で、 心苦しくなることもあります。 後悔に関...

記事を読む

新着記事

2017年10月 Sound Soulsご感想2

新しく取り入れております。 ご感想が予想通りに、 興味深いのでシェ...

記事を読む

出逢いを縁る。

今日書くことは・・ 喪失とともに生きるのあとがきに書こうとして、 ...

記事を読む

2mmのカーブ

正確には2mmずれた曲線のカーブのよう、 という話をしたのですが長い...

記事を読む

いつでも会える~本の紹介

かなり前に頂いた絵本で、 そのときはまだグリーフケアって知らなかった...

記事を読む

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

記事を読む

2017年10月 Sound Soulsご感想2

新しく取り入れております。 ご感想が予想通りに、 興味深いのでシェ...

出逢いを縁る。

今日書くことは・・ 喪失とともに生きるのあとがきに書こうとして、 ...

2mmのカーブ

正確には2mmずれた曲線のカーブのよう、 という話をしたのですが長い...

いつでも会える~本の紹介

かなり前に頂いた絵本で、 そのときはまだグリーフケアって知らなかった...

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

→もっと見る

PAGE TOP ↑