*

あなたの人生、片付けます~本の紹介

Pocket

有名な作家さんなので、ご存知の方も多いことでしょう。
私がご紹介するまでもありませんが・・
が、起業してからあまり小説は読んでなくて、
実は私は初めて読みました。

 

社会派な切り口の小説を書く方で、
興味深いタイトルのご著書がたくさんなのですね。

 

は、片付けの本でも、片付け屋さんの話でもありません。

いや・・
片付け屋さんが主人公なのですが、
片付け方法がメインテーマではありません。

どうして捨てることができないのか?
この理由を通して人生のお片付けをしていきます。

 

私も片づけが苦手なのですよー、
というか世にいう貧乏性ですね。
断捨離の本とか読みますけど、
ワクワクとかどんな自分に、では捨てられない。

だって理由があるんだもん。
と仕事ばかりをいいことに温めています。
(掃除はします、ご安心を。)

 

そうそう片付けのことを書こうとしたのでなくて、
今日の記事で書こうとしたのは理由のこと。

 

 

家の中や持ち物には理由がついて回ります。
捨てられないものには特に・・

この小説の4つ目のストーリーはグリーフが関連しています。
中学生の男の子をなくしたお母さんのお話です。

お部屋をそのままにしてあるのね。

 

私はカウンセリングで聞かれたら、
“いいですよ、片付けたくないなら”
“そのままでいましょう”って言っちゃいます。

こどもをなくされた方には尚更。

 

でもね、このお話ではそれによって、
ご主人や男の子のご兄弟が苦しみに陥っています。

 

 

なくした後でうしなうもの。

 

二次喪失

 

 

大切な人のものを片付けたくないって方はたくさんいます。

でも目の前の大事なものを見失わないで欲しいの。

だって、どちらもあなたの現実で大事なことだから。

 

大切な人をなくすということ、
その後の二次喪失やご家族と折り合いをつけて生きること。

 

こんな文章もありました。

“人々はその悲しみをどうやって乗り越えてきたのだろう。
 (中略)
 そんな現代に生きる自分達は、
 喪失への対処の仕方を知らないのではないか”
(P.315より引用)

まぁ…乗り越えるのではないけれど…

捨てられない…
いやそこにある理由にフォーカスを当てたら、
見えない想いに気持ちを寄せられる。

そんなことを分かってもらえる一冊。

是非読んで、気持ちに気付いてみてください。

 

 

追伸;

健康を蝕んでしまいそうな環境のときは片付けが必要ですよ。

睡眠、食事、体重、便秘に変化があるときは要注意です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

ここにある想い

人は過去と未来から出来ています。 それを今と呼んでいるのでしょう。 ...

記事を読む

ギリギリの線にあるもの。

人の基準って、それぞれなんですが・・ 気になるのはギリギリの線辺りだ...

記事を読む

みんなって、だぁれ?

みんな、みんなが大好き。 仲間外れにもなりたくないし、 自分だ...

記事を読む

新しい世界で。

新しい世界というキーワードは、 これまでもあったのかもしれません。 ...

記事を読む

世界はひとつ☆

今回実感していることは、 世界はひとつなんだなぁということ。 ...

記事を読む

新着記事

ここにある想い

人は過去と未来から出来ています。 それを今と呼んでいるのでしょう。 ...

記事を読む

願いで繋がる。

世の中に繋がりはいっぱいあれど、 欲しい繋がりに辿り着いていますか?...

記事を読む

2020年7月26日 インナーチャイルドWS

今年は不思議な年で・・ 年2回ペースが特別追加開催となりました。 ...

記事を読む

2020年6月 インナーチャイルドWS ご感想

こちらも恒例のワークショップ、 年2回のペースで7年目となりました。...

記事を読む

ギリギリの線にあるもの。

人の基準って、それぞれなんですが・・ 気になるのはギリギリの線辺りだ...

記事を読む

ここにある想い

人は過去と未来から出来ています。 それを今と呼んでいるのでしょう。 ...

願いで繋がる。

世の中に繋がりはいっぱいあれど、 欲しい繋がりに辿り着いていますか?...

2020年7月26日 インナーチャイルドWS

今年は不思議な年で・・ 年2回ペースが特別追加開催となりました。 ...

2020年6月 インナーチャイルドWS ご感想

こちらも恒例のワークショップ、 年2回のペースで7年目となりました。...

ギリギリの線にあるもの。

人の基準って、それぞれなんですが・・ 気になるのはギリギリの線辺りだ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑